ひどい肩こり、ぎっくり腰に注意!!

今年の夏は長い猛暑が続いたかと思ったらば、急に涼しくなり、むしろさむい程。 長い冷房の中での生活で、体は冷え切ってしまいひどい肩こり・腰痛で来院する人が多くなって来ています。 また、急な温度差で体は疲れきっているようです。 当院はそんな方でも、深部筋までしっかりほぐしていますので、一度お試し下さい。 ギックリ腰は大体一度で改善し…
コメント:0

続きを読むread more

首(頚椎)の枕あります。

生活の中でパソコンが欠かせない物の1つになっているように思えます。 そのせいか、腰椎・特に頚椎に問題を起こしている人が多くみえます。 デスクの前で長時間、座りっぱなし。 目はまばたき少なく、合わない位置での作業、 首に湾曲あるべき箇所になし・・・・ そのための枕を用意していますが、結構評判が良く必然的に肩こりも 解消してきま…
コメント:0

続きを読むread more

妊婦さんのマッサージ

出産率が減り子供の数が減少しているようですが、ここ最近対策として国・区・地域・会社によって対策がいろいろ行われて来ているようで、妊婦さんが増えている様に見受けられます。今年に入りここでの妊婦マッサージが増えています。 妊娠中足の疲れ・むくみ・赤ちゃんが体内で育つ間の腰の痛み、肩こり等、安定期に入る4ヶ月目から出産直前までの方をマッサー…
コメント:0

続きを読むread more

血液サラサラは食事改善

血液の状態が健康を左右するようです。 全身に酸素や栄養を運び不要になった二酸化炭素や老廃物を回収する大切な役割をしています。その働きによって全身の細胞が正常に保たれ、健康を左右するだけに血液の状態を整えることはとても重要、サラサラ血液を良い血液とすると状態の悪いドロドロ血液は細胞も正常に保てなくなり、糖尿病・動脈硬化など引き起こし…
コメント:1

続きを読むread more

疲労感ありますか?

日本人の6割が現代社会で疲れを感じているようです。そのような時 アルファーリポ酸は強い抗酸化作用と、糖分をエネルギーに効率よく使うようにする働きがあり、疲労時に良い成分のようです。 アミノ酸は体内への吸収が早く、摂取後すぐにエネルギーとして役立つようです。 ビタミンB派群はエネルギーの代謝、亜鉛は体の成長に必…
コメント:0

続きを読むread more

防衛反応のストレス

ストレスとは生きている私たちが自分を乱す恐れのある刺激(ストレッサー)に対して起こす防衛反応のようです。 「嫌いな人と話す」という状況を考えると神経・ホルモンの働きによって血圧・心拍数が高まり集中力、積極性も高まり「ストレス」が起こります。 危機的状況に対処し、準備を整えるために体や心を守るための防衛反応としてストレスは信号送ります…
コメント:0

続きを読むread more

心と体に砂糖の効果

太古の昔から人々の暮らしになくてはならない食べ物として重宝されてきた砂糖。ところが高カロリーと言われていますがまったくの誤解のようです。 砂糖はご飯・そばと同じ炭水化物(1g=4Kcal)なので特にカロリーが高いと言う食品ではないようです。砂糖は脳の働きや運動、能力向上、心の安定をもたらすので決して欠かすことが出来ないエネルギー源のよ…
コメント:1

続きを読むread more

右脳と左脳の使い分け会話術

右脳は感情的、左脳は理性的・批判的に物事を受け止める傾向があるようです。 また、左耳からの情報は右脳に、右耳からの情報は左脳に入ります。 これを踏まえて、会話上手になる方法を紹介した医学博士 高田明和さんの文面がありました。 ①大事な用件は、相手の左側で話そう 商談などの重要な話や意見は、左脳に入ると批判的に受け取られる恐れ…
コメント:0

続きを読むread more

目の疲れが頭痛を引き起こす

目は光を感じたり、物を見たりする感覚器官。脳に送る情報の80%を占めています。 私たち現代人はパソコン、テレビ、DVD、仕事などで目を酷使しています。それに加えて深夜まで起きている事が多くなり目を休める時間も極端に減っているようです。 目と脳は深い関係があるようです。視神経は100万~1000万本もの神経繊維が集束していると言われ脳…
コメント:0

続きを読むread more

胃の粘膜内ピロリ菌排除?・生の大根

ツーんと辛くてほんわりとした甘味は生の大根に含まれている「酵素」です。健胃作用・胃の妙薬です。 デンプン分解酵素のアミラーゼがたっぷり、たんぱく質分解酵素のリパーゼなど生きた酵素が豊富に含まれています。又酵素は ①体の中をサラサラ血液が流れるようにしてくれる ②排出をスムーズにしてくれる ③体の体脂肪を燃やす ④心臓の働き、血…
コメント:0

続きを読むread more

免疫力を上げるには・・・

低体温の人が増えていることは前回報告しましたが、低体温は風邪、花粉症・肥満だけではなくガンやボケ(認知症)も招く万病の原因のようです。低体温の人は体温を1度C上げることで免疫力は5倍以上、基礎代謝は12%上昇、体内の体内の酵素活性も大幅にアップするようですが特に免疫力は体温によって大きな影響を受けているようです。 36.5度C~37.…
コメント:0

続きを読むread more

大腰筋トレーニング

最近話題になっている大腰筋。主に太ももを上げるときの機能で立つ・歩く・走るなど運動の基本動作に関与しています。背骨と太ももの内側を結ぶ太い筋肉で第1腰椎から5腰椎そして小転子向けて付いています。 ★トレーニング    ◎大きく足踏み      腕でバランスとり大きく足踏み、「1.2」で太ももを足の付け根よりも高く上げ「3.4」…
コメント:0

続きを読むread more

低体温が急増しています。

健康な人の体温(平熱)は熱いとき・寒いときでも普通36.5度C前後に保たれています。 しかし今慢性的に平熱が36.5度Cを大きく下回っている「低体温」の人が急増しているようです。日本人の8割が低体温、特に20代、30代の若い女性にその傾向が見られさらに低体温は子供にも広がって50年前の子供の平均体温が1度Cも低くなっているといいます。…
コメント:0

続きを読むread more

体の脂肪

脂肪は加齢とともにつきやすくなるようです。 「食事はいつもと同じなのに最近おなかが出てきた。」と感じることはないでしょうか? 年齢を重ねるごとに基礎代謝量が減るのに、体を動かす機会が減少、特に女性は脂肪が就きやすくなります。 その脂肪を燃やすには筋肉をつけることが良いようです。 筋肉は体脂肪を燃やす最大組織「太りにくい体質」にな…
コメント:0

続きを読むread more

体のゆがみ

姿勢は見た目の美しさだけではなく、健康を左右します。 靴の外側が磨り減る、仰向けに寝られないなどからだのゆがみが原因かもしれません。 美しい姿勢は骨格の土台となる骨盤と、それに支えられる背骨によってつくられています。そのため姿勢が悪いと骨格のバランスが崩れて腰などの筋肉に負担が掛かり、血行が悪くなり痛みや凝りを引き起こします。特に骨…
コメント:0

続きを読むread more

顔の表情

表情という言葉の通り、顔は人のさまざまな感情を表現します。 表情を作る顔の筋肉は表情筋と呼ばれ、顔で感情を表現することではなく顔にあるまぶた、鼻、口などを動かすことにあったようで、表情筋はすべての顔面神経の支配を受けているようです。また「大笑い」は顔中の筋肉を使うので健康に良いようです。免疫力も高めるみたいです(^◇^)
コメント:0

続きを読むread more

ギックリ腰

ギックリ腰とは1つの症状の名前です。いろいろな原因でギックリ腰になるようです。 これは発熱という症状が風邪や肺炎や盲腸などいろいろな原因で起こるのと同じようです。 ギックリ腰とは、何かのきっかけで急に腰が痛くなることを表す言葉です。しかし10歳以下のギックリ腰の人はいないようで、10歳代になると激しいスポーツなど外力にて椎間板を傷め…
コメント:0

続きを読むread more

胃にやさしい生活をしましょう

自分の胃は自分で守ることが出来るようです。 ①ストレスなしで胃も穏やか!!     ストレスにより交感神経と副交感神経バランスがくずれると胃の血液が減って   胃の運動や胃酸・胃粘液の分泌が減少そのため胃の中の細い血管がけずられて   しまうようです。 ②タバコは胃の大敵!!     タバコを吸うと血管が収縮、血行が悪くなり…
コメント:0

続きを読むread more

ドライスキン(乾燥肌)予防は!

冬は肌がかさかさして粉を吹いたようになりかゆみが出てきたりします。 空気が乾燥するのに加え、暖房で乾燥が助長されるため皮膚から水分が蒸発しやすくなります。 更に加齢に伴って皮膚も老化するので乾燥しやすくなります。皮膚の水分や皮脂が不足して皮膚が乾燥する「ドライスキン」(乾燥肌)は65歳以上の実に90%以上に見られる様ですが、皮膚の老…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

毒素を排出・マッサージ

むくみは体に毒素がたまったサインです。 最大の原因は体の中にたまった余分な水分や老廃物それに毒素を排出するリンパの流れが滞るためです。私たちの体内には血管がすみずみまで張り巡らされていますが、それと並行するかの様に全身に張り巡らされているのがリンパ管です。この中を流れている透明の液体がリンパ液といい血液と深い関係があります。 心臓か…
コメント:0

続きを読むread more