低気圧時、腰痛起こしやすいので注意!

医学的にはまだはっきりしていないが、雨の日とか体調不良になるのは気圧が低くなることと関連しているようです。気圧に対して体の中は気圧を押し返す力が働き、急に気圧が下がっても簡単には変える事が難しいようです。低気圧になった時体の中の押す力は変わらず体の中からの力は強くなってしまう。
この時にヒスタミンという物質が体の中から出るのが原因。
このヒスタミンは血圧を低下させる。血流が悪くなるために冷えを感じ腰痛・背中の痛みを起こす。
また体はむくみやすく疲労物質溜りやすく疲れを感じやすいようです。
この時期変わりやすい天候が続き、高気圧と低気圧が入れ替わる日がありますがご注意ください。

"低気圧時、腰痛起こしやすいので注意!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。